EVENT Factory #14 feat. Tolouse Low Trax 2018.03.23.FRI @CIRCUS OSAKA

26994654_1828351600516415_674154971_n

第14回目となる今回のFactoryは、東京の気鋭のパーティ”Veta”とタッグを組み、ドイツデュッセルドルフの鬼才、”Tolouse Low Trax”を招聘します。ポストロックバンド”Kreidler”の一員として、また、Lena Willikensもレジデントを務めるデュッセルドルフの最重要スポット”Salon des Amateurs”の仕掛け人として、長年シーンに身を投じてきた彼だからこそ可能な燻し銀のLIVEを是非体感してください。さらには、”Veta”よりGINGAが登場し、Factoryを鮮烈に色どります。

静と動が交わり、思考が漂白されるような一夜を提供します。ご期待ください!

GUEST LIVE:
Tolouse Low Trax (Antinote / Salon Des Amateurs)

DJ:
Ginga (Veta / from Tokyo)
ALUCA
AIDA

Sound Support by Yori

OPEN/START 23:00

Early Bird: 1500 (1/20~2/21)

Resident Advisor にて販売中 (https://jp.residentadvisor.net/events/1060989)
Adv: 2000 (2/22~3/22)
Door: 2500
※いずれも別途1d

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Tolouse Low Trax (Antinote / Salon Des Amateurs)

 

「僕の音楽の根源はシンプルなものに結びついている。でもそれは必ずしもミニマルではない。僕
は未完成な音楽でも十分踊れるんだ。未完成な音楽には瞬間的な美が宿るから。僕の作業はと
てもシンプルだ。僕はむしろ可能性の幅を狭めていく。制限することでかえって自由度が高まるん
だよ。」
Tolouse Low Trax ことDetlef Weinrichの倫理観は、Idle Press、Infiné、Karaoke Kalk、
Kunstkopf、Neubau 、Themes For Great Cities、AntitoteやCómeme といったレーベルからの多様
なリリースに反映されている。このドイツ人プロデューサーは決してシーンのニューカマーではない。
デュッセルドルフのポストロックバンドKreidlerのメンバーとして、また、デュッセルドルフに名を轟
かすスポット”Salon des Amateurs”の仕掛け人として長きに渡りシーンに身をおいてきた。Tolouse
Low Trax としての彼の作品は、オブスキュアなアルペジオによる”アフロ-バロックエレガンス”の
探求であり、まるでゆっくりと催眠術をかけられたかのように、容易に陶酔状態に引き込まれる。気
づいた時にはもう、深みにはまってしまった後だ。Detlefは言う。
「僕の音楽は酔狂な連中におすすめするよ。」

 
“The primitiveness in my music is linked to something simple, and that doesn’t have to be
obligatory minimal. For me it is enough to dance rough around the core. Music you don’t shape till
the end contains of a moment of beauty. A veil of secrecy. I work very simply. I rather reduce my
possibilities in compass. Limitations offer lots of liberties.” Tolouse Low Trax aka Detlef
Weinrich’s ethic branches off in his multiple releases on labels as Idle Press, Infiné, Karaoke Kalk,
Kunstkopf, Neubau, Themes For Great Cities, Antitote or Cómeme. The German producer isn’t a
newcomer of the scene for sure: still an active member of Kreidler, he is the man behind
Dusseldorf’s infamous Salon des Amateurs. His productions as Tolouse Low Trax explore Afro-
Baroque elegance through obscure arpeggios, slow release hypnosis turns genres’ into blurry
scenarios in which you easily lose yourself and when you want to go back, it’s too late. “Well
recommended for the freaks”