EVENT FACTORY #3 feat.ATA 2015.11.03.TUE @Circus Osaka

Factory ATA

ATAのDJとしてのキャリアは80年代後半に遡る。当時盛り上がりつつあったドイツのハウス/テクノシーンのなかで多くの良質なクラブ、パーティで彼はプレイしていた。
その一方で、当時働いていたフランクフルトのレコードショップ【Boy records】の同僚であるHeiko M/S/O、Jörg Henzeとともに、1992年レコードショップ【Delirium】をオープン。その翌年に、Heiko M/S/O、Jörn Elling Wuttke、Roman Flügelらと共に【Ongaku Musik】、【Klang Electronik】、【Playhouse】という3つのレーベルをスタートした。
現在彼はヨーロッパ最高のクラブの一つとして数えられる【Robert-Johnson】のディレクターを務めているが、【Robert-Johnson】がこのような名声を得たのは、インテリア、ライティングシステム、サウンドシステムに至るまで彼のセンスが遺憾なく発揮された賜物であろう。そしてその類まれなるセンスによって、彼は多くのアーティストからドイツNo. 1DJ と賞賛されている。またDJ以外の時間において彼は、T-shirtのデザインや、自身がオーナーであるレストラン【Club Michel】のキッチンで腕を振るうことに多くの時間を費やしている。彼は述べている、「良いDJは必ず、ファッション、アート、食事に至るまで自身のスタイルを確立している人物なんだ」と。

Ata is a DJ and founder of the labels Playhouse, Klang, Ongaku. He also runs the 250-capacity Robert Johnson club in Offenbach, Frankfurt-Am-Main.
Ata started DJing in the late eighties. In 1992 he founded the record shop Delirium with Heiko Schäfer, aka Heiko M/S/O, where he established the labels Ongaku Musik, Klang Elektronik and Playhouse in 1993. Together with Heiko Schäfer and Jörg Henze, he DJed variously as Delirium Posse, Heiko & Ata, Ata & Jörg and Heiko & Jörg.
Beside DJing, Ata founded the first ‘real’ clubnight in Frankfurt for modern house and deep house, the Wild Pitch Club at the Nachtleben-Club. After years of parties he closed the concept and opened the Robert-Johnson 1999. Through the DJ he has booked, his own DJ sets and the club itself, he made the Robert-Johnson to one of the most important clubs worldwide for electronic music.

 

–Line Up–

ATA
Koji Sawamura

Matsuo Akihide

Takataka
Silent People (Different10)
https://soundcloud.com/murakami-makoto

FOOD:
tamutamucafe

DECO:
LVDB FLEUR